Camera

カメラのホワイトバランス/AWB設定を使用して光の色の影響を補正しよう!

カメラが好きな方も多くおられると思います。

YUTA【yuta_vd】です。

カメラの見た目にもいろいろな種類がありますが、カメラの性能も種類によって違いがあるため、カメラもおもしろい要素がたくさん詰まっています。

カメラにある用語にホワイトバランスと言うものがあります。

ホワイトバランスと言う言葉を聞いたことはあっても、知らないかもしれないので、この点について今回は詳しく紹介していきます。出来るだけわかりやすくまとめてみました。

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスはカメラにおいて撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能になります。

光は種類によって色や特徴を持っており、電球であれば黄色の光のこともありますし、太陽光は青色く光ることがあります。

カメラはそれらの色味をそのまま写真に再現するので、光の色による色かぶりを補正して、カメラ内での白さの基準を補正するのが、ホワイトバランスバランスの機能になります。

ホワイトバランスとは、撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です。光はその種類によって様々な色や特徴を持っています。例えば、電球の光は黄色っぽいですし、曇りの日の太陽光は青っぽい色が付いています。人間の眼を通すと、『白い物は白いはずだ』と自動的に補正をかけてくれるのですが、カメラはそれらの色味をそのまま写真に再現するので、光によっては白色が肉眼で見るよりも黄色く写ったり、青く写ったりしてしまうことがあります。

by SONY

 

コチラの記事もどうぞ↓

カメラでの表示例

ホワイトバランスはイラストで設定できます、イラストには上記表(SONYの場合)から選択することができます。基本は「AWBオート」か「太陽光」で撮影します。

見た目と同じような風景で撮ることもできれば、オレンジがかった色が強調されるように見える写真もあります。

これが太陽光の仕組みになっています。

左側/AWBオート                右側/日陰

上記、「AWBオート」と「日陰」で撮ると色の表情が違うことが分かります。

オートモードであれば、写真の風景をほぼ正確に撮ることができます。このように表示例によって違いがあります。

左側/雲天モード                 右側/蛍光灯

曇天モードの際も同じく風景ではオレンジ色が強調される写真になることが多いです。
電球モードであるならば、かなり青色に近い色になり、写真の色は暗い感じになります。

蛍光灯モードであれば、電球モードよりも明るくなりますが、青色に近い紫色になります。

色温度とは

ホワイトバランスと一緒によく見るものとしては、色温度もあります。

光の色を数値化したもので、ケルビン(k)と言う単位を使います。

色温度は数値が小さいほど赤みが強くなり、数値が大きいほど青みが強くなります。

白に近い光は日中の太陽光の5500kくらいになっており、少し赤みがかった白熱電球は3500〜3000k曇りや晴天の日陰になると青みがかった色になります。

色温度の数値であるケルビンが高いと明るいと言うものではありません。

まず初心者だと「太陽光」、「日陰」、「曇天」で設定した方が良いでしょう。かなりの上級者でこの場面では何kで撮ればいいかわかっていないと難しいからです。

使い方や変更の仕方

上記、【カメラでの表示例のイラスト】を参考に自分が出したい色を選択すればいいでしょう!

カメラのモードには太陽光や日陰、曇り、白熱電灯、蛍光灯などのモードがずらい
りと並んでいます。

もし、曇り空の日に猫を撮影すると曇天で見た目に近い自然な色が再現されます。
太陽光の場合は見た目よりも青く写ってしまいます。

日陰に場合は黄色く映るので、自然に撮影するならこの場合は曇天が良いです。

夜景を撮りたい場合は、オートでも見た目に近い色での撮影ができますが、蛍光灯に変更するとオートに比べて色が少し明るくなります。

このように風景によって使い分けをする事で良い写真を撮ることができます。

少し明るみや青みを足したいと思うならば、上記写真のようにホワイトバランスをさらに微調整できます。

ホワイトバランスの設定から細かく色を設定することにより、こだわりの写真を撮ることができます。

効果的な使い方

 

蛍光灯                 白熱灯

ホワイトバランスは場面によって使い分ける事で効果的に写真を撮れます。

例えば、左側の写真は透明感のある写真にするなら、寒色系の蛍光灯です。

晴れた日に撮ることで、見た目よりも青っぽい透明感のある写真にできます。
右側の写真はクールで無機質な感じであれば、白熱電球も良いです。

風景が青色になり、クールな感じになります。夜景などはコチラが僕は好みです。

このように風景や感じにより、写真に特徴を出すことができます。

まとめ

ホワイトバランスはカメラで写真を撮る際に、写真の特徴を変更させることができます。

特徴のある写真を撮る際にホワイトバランスのことを知っておくことが大事になります。

ABOUT ME
アバター
YUTA
初めまして,カメラ×旅が好きで東奈良・名張と【関西】を中心に写真を撮っています!SONYのカメラを愛用しています。