Camera

α7R iiカメラの「Super 35mmモード」(APS-C)がすごく役に立つ機能

こんにちわ!

YUTA【yutas_photo】です。

SONY a7系カメラの機能でSuper35mmモードをご存知ですか?この機能かなりいいんです。すごい機能です。

YUTA
YUTA
こんな機能があるのを知らなかった。これSONYカメラに多いです。

Super 35mmモードとは

α9 / α7R III / α7 IIIは35mmフルサイズのイメージセンサーを搭載されており、意図的にAPS-Cサイズで撮影することにより画角が狭くなり、レンズを変えなくても望遠レンズを使ったのと同じ効果が得られる

画素数とファイルサイズは小さくなりますが、デジタルズームと違ってRAW画像の撮影やフォーカスエリアの選択も可能

設定時
  • MENU →[カスタムキー]→ 呼び出しに使うキー6を選ぶ →[APS-C/Super35mm]切り替え
撮影時
  • 呼び出しキーを押すたびに、35mmフルサイズとAPS-Cが切り換わる。

よく使う場合はカスタムキーに設定できます。a7Riiはカスタムキーに設定できないのが残念です。。

YUTA
YUTA
画角を変えて望遠寄りで撮影することができる機能です

メリット・デメリット

メリット

・焦点距離が伸びる(1.5倍になる)

デメリット

・画素数が落ちる(a7Rii/a7Rii4240万画素→約1800万画素)・APS-Cセンサーになるので暗い撮影に弱くなる

YUTA
YUTA
デメリットはこれくらいですね。1800万画素まで落ちてしまうのは仕方ありませんが実際に現像してみるとこれって十分な画素数なんです。見た感じ全然わかりません。焦点距離が伸びるのはすごいメリットです。高いテレコン購入して装着しなくていいですね。軽いレンズで焦点距離を伸ばすってすごくないですか?

実際に比較してみた

今回は実際にSuper35mmモードに切り替えて写真を撮って見比べてみました。使用レンズはFE55mm f1.8 ZAです。

フルサイズセンサーで撮影時は55mm

Super35mmモード(APD-C)時は82.5mm

これどちらの写真がSuper35mmモードで撮影したかわかりますか?

画素数が落ちていますが実際には分からないですよね?

同じ位置から撮ったものですが画角が変わっているのはわかります。

YUTA
YUTA
3枚共に右の写真がSuper35mmモードで撮影した写真になります。焦点距離が伸びているのは分かりますが画質が落ちているのは分からないくらいですね。全然問題なく使用できますね。

Super35mmの使い方

自分は飛行機を撮影するのが好きで距離が必要でした。

フルサイズ用の望遠レンズは高すぎるし重たいです。色々考え調べていた時にこのモードを知りました。Eマウントレンズを装着してクロップ撮影すればいいじゃんて。

そしてカメラ2台持ちも視野に入れていたことから比較的安く軽いAPS-C望遠レンズのE70-350 f4.5-6.3 G OSSでSuper35mmモード使用して撮ろうと。

ここに行き着きました。2台目APS-Cカメラ購入するまではこれでも撮れる。そして2台持ちにした場合はAPS-C機に装着して望遠側はそちらで撮影していこうと考えたからです。

使用カメラ

ABOUT ME
アバター
YUTA
初めまして,カメラ×旅が好きで東奈良・名張と【関西】を中心に写真を撮っています!SONYのカメラを愛用しています。