Accessories

飛行機撮影時にフライトトレーダー24で航空機情報入手して写真撮っています。

こんにちわ!YUTA【yutas_photo】です。

飛行機撮影のアイテムとしてフライトトレーダー/Flightradar24を使用しています。

YUTA
YUTA
このアプリを知った時は衝撃でした。どの辺りを飛行しているか把握できるなんて凄すぎます。

Flightradar24

Flightradar24(フライトレーダー24)とは、飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイム表示表示するウェブサイトならびにスマートフォン・タブレット向けアプリケーション。FR24、あるいは単にフライトレーダーなどと略されることもある。

表示内容

  • 便名- 便名が表示される。便名が割り当てられない自家用機などでは機体記号がそのまま表示されることもある。
  • 出発地/目的地 – 空港コードと都市名が併記される。ADS-Bから取得した情報ではないため、データベースの更新が間に合わずに全く違う出発地や目的地を表示する場合もある。
  • Aircraft – 機種
  • Registration – 機体記号
  • Mode S – モードSトランスポンダのコード(16進数表示)
  • Altitude – 飛行高度(フィート)
  • Vertical Speed – 垂直速度(上昇・降下率)
  • Speed – 速度(ノット)
  • Track – 飛行方位。北を0度とした時計回りの角度で表示される。
  • Latitude/Longitude – 緯度・経度
  • Radar – 当該機体の情報を受信しているレーダー名。レーダー名は近隣の空港コード(ICAOコード)を参考にサイト側が独自に割り当てたものであり、実際の航空管制で使用されるものとは関係がない。Radarの欄の表示が空港コードではなく、「T-MLAT」の場合はMLATによるデータ、「T-EST」の場合は予測飛行経路、「T-F5M」の場合はFAAからのデータ、「T-FLARM」の場合はFLARMからのデータである。
  • Squawk – スコークコード。なお、スマートフォンの有料版においてはスコークコードを7700に設定し、緊急事態を宣言した機体が現れたことを利用者にプッシュ通知する機能がある。
  • 航跡 – 地図上に選択中の機体が飛行した航跡が表示される。航跡の色は高度によって異なる。

by wikipedia

アプリ画像

関西国際空港、伊丹、神戸を表示すると飛行機が飛んでますね。それもかなり。

中部国際空港に撮影に行った時は風が強く寒くてなかなか展望台に滞在することができなく、室内のカフェコーナーでフライトレーダー24注視して離陸時に外に出て写真を撮るという技を使いました。

千里川土手ではジャンボ機系の大きな機体をどうしても撮りたくなるため、フライトレーダー24でどんな機体が着陸するのか確認したり、離陸する飛行機があるのかを確認しています。

飛行機撮影にはかなり便利なアプリケーション。

どこの空港から飛んできているのか機体名や発着時間など様々な情報が無料版でも見れます。

YUTA
YUTA
超望遠レンズ・三脚に次いで必須アイテムです。

 

ABOUT ME
アバター
YUTA
初めまして,カメラ×旅が好きで東奈良・名張と【関西】を中心に写真を撮っています!SONYのカメラを愛用しています。