Camera

まずはカメラ設定【プログラムオート】モードを使ってみよう!

こんにちわ!

YUTA【yuta_vd】です。

カメラにはいろいろな種類がありますが、それぞれに特徴があるため、カメラの特徴を知ることは大事になります。

カメラの設定でプログラムオートがあります。今回はその点について紹介していきます。

初心者でいきなりオートからマニュアルは難しすぎるという場合は、まずはプログラムオートで慣れてみて、そこからAモードやSモードで撮影していくのが良いでしょう。

プログラムオートとは

カメラに備わっているプログラムオートは、適性露出となるように絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めてくれます。

露出を一定にしたまま、撮影者のが絞り値とシャッタースピードの組み合わせを変えることができます。これをプログラムシフトと言います。

手順としては撮影ダイヤルモードを回してプログラムオートに切り替えます。

プログラムシフトを行うと適正露出のまま、シャッタースピードと絞り値の組み合わせを変えることができます。

動きの速い被写体を撮影したいときや背景をボカしたいときは、コマンドダイヤルを右に回すとシャッタースピードが速くなります。

被写体の動きを強調したいときや、近くから遠くまでのピントの合った写真を撮影したいときには、コマンドダイヤルを左に回します。

こうするとシャッタースピードが遅くなり、絞りが絞り込まれていきます。

プログラムシフト中はファインダー内とインフォ画面にプログラムシフトマークが点灯します。

プログラムシフトを解除するには、プログラムシフトマークが消灯するまでコマンドダイヤルを回します。

電源をオフにしたいときや他の撮影モードに切り換えたとき、プログラムシフトは解除されます。

コチラの記事もどうぞ↓

 

撮り方

プログラムオートは簡単に写真を撮ることができるので、初心者には使いやすいモードかもしれません。

しかし、カメラを撮る上での絞り値とシャッタースピードがオートなので、状況に応じた撮り方を考えなければ、カメラの技術の点で上達していくことができません。

プログラムオートで写真を撮る場合は、シャッターチャンスを逃したく無いときやカメラをどう使っていいか分からない初心者の人、カメラを買い換えたときの確認として使うなどです。

また、旅行などに行って写真を多く撮りたいときや、スナップ写真などでサクサク撮りたいときに、プログラムオートを利用すれば自分の満足できる写真を撮ることができます。

気をつけること

プログラムオートは確かに便利に写真を撮ることができますが、カメラの細かい設定を行うことができないため、何かを表現したいとき写真を撮りたい場合は、それを撮るのが難しい撮り方になります。

写真を撮る目的が、少しクールな風景を撮りたい、明るい風景を撮りたいと思うならば、露出補正や絞り値、シャッタースピードを調整する必要があります。

プログラムオートは、それが全て決められているため、表現力のある写真を撮るのは難しくなっています。

また、カメラの腕を向上させたいと思うならば、プログラムオートはあまり使用しない方が良いです。

状況に応じた写真を撮りたいならば、自分でカメラの機能を調整する必要があります。

カメラの写真をただ撮っているだけでは、カメラの技術は上がらないので、少しカメラの性能を確認するのみでプログラムオートを使用するのが良いです。

まとめ

プログラムオートは絞り値やシャッタースピードなどをカメラが自動的に調整してくれるので、とても便利に写真を撮ることができます。

カメラで写真をいっぱい撮りたい人は、このモードで写真を撮っていくと良いと思います。

自分のカメラの腕を上げたいならば、少し使用する程度に抑えておくと良いです。

ABOUT ME
アバター
YUTA
初めまして,カメラ×旅が好きで東奈良・名張と【関西】を中心に写真を撮っています!SONYのカメラを愛用しています。