Camera

Canon/キャノンがフルサイズミラーレス EOS Rを発表

こんにちわ!YUTA【yuta_vd】です。

2018年9月5日、キヤノンは35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼の「EOS Rシステム」を発表。カメラボディ、レンズ、マウントアダプターを一挙に発表されました。

EOS Rボディの価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格は23万7,500円(税別)。10月下旬に発売されるそうです。

 

Canon/キャノンフルサイズ EOS Rの実力は

3030万画素のフルサイズセンサー搭載

ソニーもニコンも、2000万画素台のスタンダードモデルと、4000万画素台の高画素モデルの複数のラインアップを抱えていますが、EOS Rはちょうど間をとった3030万画素。今後、ライバルと同じように高画素モデルを出すのかはわかりませんが、EOS RはEOS 5D Mark IVに合わせた画素数(3040万画素)です。

これから、発表会の現地組から触ったレポートが登場すると思います。そこで「ミニ5D」というパワーワードが出ちゃうのか期待。

新しくなった「RFマウント」

ライバルと同じように、キヤノンもフルサイズミラーレスに合わせて新しいレンズマウントを作りました。「RFマウント」といいます。これは、EOS Rを薄型化する上で短くなったフランジバック(レンズマウント面から撮像素子までの長さ)に対応したレンズで、過去のEFレンズは使えない点に注意。

by GIZMOD

レンズラインナップ

・RF24-105mm F4 L IS USM
・RF50mm F1.2 L USM
・RF28-70mm F2 L USM
・RF35mm F1.8 MACRO IS STM

RF28-70 F2 L USMがすごく気になりますね。かなりお高いです。値段も見ていたのですが、SONYのフルサイズ機のレンズが高いって言っていたが、今ではSONYがラインアップも多くNikonとCanonと比べると価格もそこそこ安いです。

やはり一番最初にフルサイズのミラーレスを発表したSONYが一番強いですね!

最初に始めたらやっぱなんでも強い。

SONYがAPS-Cセンサーのα7000を近々発表するという噂も流れています。

これからカメラを購入しようとしている人はどのカメラにしようか迷いますねー!

 

ABOUT ME
アバター
YUTA
初めまして,カメラ×旅が好きで東奈良・名張と【関西】を中心に写真を撮っています!SONYのカメラを愛用しています。